Copyright © JapanFlyFishers All Rights Reserved.

フライフィッシングって何?
海外の鱒釣事情
FF関連のリンク集(サイト紹介)
メンバー専用入り口



お知らせ
このサイトは、年間を通じて全国各地で開催されるジャパン・フライフィッシャーズのアウトドアーミーティングや、 フライタイイング、キャスティング講習会、発眼卵放流などの各種アクティビティーを紹介<しています。

最新情報はFacebookで発信していますので こちら のリンクよりご確認ください。

システム管理者


ジャパン・フライフィッシャーズ の組織と活動
三人の会
JFF会則
HQ/CPスタッフ紹介
入会の案内
イベントの案内
トラウト・プロジェクト(TPT)
芦澤一洋奨学金(SSP)
オフィシャル会報『Tight Lines』
女性会員の活動(JFF-W)
JPEGコンテスト




こだわりのフライフィッシング
リーダー・システムを考える
正しいリリースの仕方
ハイ・シーズンに備えて
ディアヘアーの使い分け
管理釣り場症候群に注意!
目指せ中級
フライ・フィッシングは推理ゲーム
ロッドを理解しよう
日溜りの雑魚フィッシング

フライ・フィッシング的レイヤード術
「苦手」を無くそう
私のフック使いまわし術
シューティング・システム
私のベストの中身は・・
渓流でのマナー
キャンプ&フィッシングを楽しもう!
フィールドでの危険回避
タイイング・ツール
ファジー・フライ・パターン



ソルトウォーターゲーム
ソルト!? そう、お手軽ソルト!
GWはご近所でメバルのFF
時には邪道な釣りはいかが?
ソルトウォータータックル
ソルトウォーターフライ
写真集





ミーティングレポート・ダイジェスト
ミーティングレポート速報版

2006年度

2005年度
総会
長良川
番外編:伊豆釣行
鬼怒川
養沢
2004年度

2003年度
鬼怒川
宮城
バナナカップ

2002年度
総会
鬼怒川
神流川
宮城
寒河江川
丸沼
北海道
川場オフサイト

2001年度
長良川
鬼怒川
養沢
湯川
宮城
寒河江川
利賀
北海道
丸沼
岩手
バナナカップ
川場オフサイト

2000年度
養沢
山形
高原川
湯川
利賀
寒河江川
北海道
神奈川
石徹白川
遠野「芦澤さんを偲ぶ」
バナナカップ
忍野

その他のイベントレポート
キャスティングクリニック
キャスティングスクール
親子で遊ぼう秋川探検隊
   

−−−少年の日の夏休み。
夜明けの時をいつも私は、川の中に足を浸しながら迎えてた。そこではすべてが流れていた。
水が流れ、かぜがながれ、そして時がゆったりと流れていた。
昔も今も、流れるものの中に私の目眩がある。感動がある。
それがいつも私を新しい場所へ、 新しい境地へとつき動かしてくれるちからとなっている。

川とのつきあい、そしてフライフィッシング。
少年の日の目眩を今も忘れがたく思っている人々に、 この儀式を私は広くすすめたいと考えている−−−

芦澤一洋著「フライフィッシング全書」森林書房より



join・・・・Japan Fly Fishers, and enjoy with us.

みんなでフライフィッシングを楽しもう−−−


ジャパン・フライフィッシャーズ(JFF)は、1981年に創設されたフライフィッシグ愛好者の集う団体で、 日本を代表する多くのフライフィッシャーが会員として名をつらねています。会は親睦団体であると同時に、良心的な環境保全 に取り組む団体でもあります。
そしてフライフィッシングの楽しさと日本のフライフィッシングの紹介をインターネットのホームページで世界に向けて、 英文・和文で発信しています。
JFFでは米国のフライフィッシング組織であるフェデレーション・オブ・フライフィッシャーズ(FFF)の協力のもと、 バイバード・ボックス(WVB)による、河川への発眼卵放流に長い間取り組んできました。そのためのマニュアルも発行して おり、JFFでは河川への発眼卵放流をおおいに推奨しています。また、他の環境保全活動なども支援しています。
JFFでは、亡くなられたJFFの創設者である芦澤一洋氏の「芦澤一洋奨学基金基金」創立を、1997年からバックアップし、 アメリカのモンタナ州の大学で自然科学を学ぶ日本の留学生たちに、奨学金を贈っています。
現在の私たちをとりまくフライフィッシングの環境は、必ずしも良い状態とは言えません。 そのことは皆さんが実感として感じられていることでしょう。フライフィッシャーとして何ができるかを、私たちと共に考え、 発言し、行動しようではありませんか。きっと一人ではできなかった何かを見つけることができると思います。JFFの仲間 たちは日本全国にいるのですから−−−。

JFF名誉会長 : 佐藤盛男 Morio Sato
JFF会長 : 谷畑 方則 Masanori Yahata
JFF会長 : 道越 勇夫 Isao Michikoshi




JFFの会員になると・・・・・・。

●年に一度、東京で開催される大きなミーティングである「アニュアル・ミーティング」は、オフシーズン2月 の日曜日、全国からフライフィッシャーが集まってきます。国内外からのゲストもあり、広く名を知られたフライフィッシャーと 顔を合わせ、その実技と情報に接することができます。ショップ、メーカー、ツアー会社が出店します。

●シーズン中に7〜8度、地域を変えて開催される「リバーサイド・ミーティング」は、これまでに北海道、岩手、福島、 栃木、東京、山梨、岐阜、四国、九州などで開催されてきました。ペンションや旅館に宿泊し、またキャンプをしながら実際に 川や湖でフライフィッシングを楽しみ、会員同士の親交をあたためることができます。

●年に2回発行される会報誌「TIGHTLINES」を受け取ることができます。A4版フルカラー24ページで、 ミーティングの報告、会員のタイイングによるフライの紹介など、保存版の質の高い内容です。そして全会員には積極的に 寄稿するチャンスが与えられています。

●ヘッドクオーター(HQ)と呼ばれる会の運営組織から、タイムリーに発行される、 レターから、よりアップデートな情報が届けられます。

●ホームページでは会員専用のページを用意し、アウトドアミーティングの開催などのお知らせや会員向け商品の購入が可能です。  なお、現在はFacebookにて専用のグループを用意して会員同士で活発なコミュニケーションを取っています。

●会員だけの特別製タックルや、ウェア、エンブレム、バッジ、ワッペン、ステッカーなども用意されています。

●全国のコンタクト・パースンに連絡をとれば、最新のそのエリアの情報を得ることができます。

●会費は年8,000円(2018年5月現在)一括納入で、会の運営、会報の発行、連絡などに支出されます。会は会員が納入する会費と寄付で運営され、 役員はボランティアです。編集作業や放流事業、ミーティングの運営・企画などなど−−−。やってみたいことがあれば、 いつでも窓口は開いています。さあ、素晴らしいクラブライフをエンジョイしてください。 JAPAN FLY FISHERS(JFF)は、どなたでも入会できます。もしよろしかったら、私たちの仲間に加わって 下さい。




JAPAN FLY FISHERS/入会申込方法

まずメールを送ろう!

「会員名簿作成のためのデータ確認」が必要なため、以下の事項をメールしてください。
住所、氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日、勤務先、職種、
あなたのフライ歴、興味の有るFF(対象魚.フィールド)、ご意見/ご質問など

次は会費の払い込みだ!

郵便局もしくは銀行に行ってジャパン・フライフィッシャーズの口座に年会費を払い込んでください。
    <ゆうちょ銀行からの振替>
    ・口座番号:00180-7-420855
    ・名義人名:ジャパン・フライフィッシャーズ

    <他行(ゆうちょ銀行以外)からの振込>
    ・ゆうちょ銀行(銀行コード:9900)
    ・支店名 :0一九(ゼロイチキュウ)(支店コード:019)
    ・口座番号:0420855
    ・名義人名:ジャパン・フライフィッシャーズ

    ・年会費金額:8,000円(入会金は必要ありません)

10月以降に申し込まれた方はその年の会費としてでは無く、次の年の会費とさせて頂き、正式登録も新年度(1月)からと なります。ただし、ニューズレター等は送付されますのでかえってお得かも?払い込み用紙には忘れずに御自身の 氏名、住所、電話番号を記入してください。

事務局から

メールにて送付されたデータと郵便振替(もしくは銀行振込)による会費の払い込み時に、伝票に記入された氏名、住所、電話番号が確認でき次第 入会の手続きを取り、会員証等を送付いたします。 これで間違い無くあなたはJFFの会員となりました。ようこそJFFへ
過去には、会費の払い込み時に名前を書き忘れてしまい、なかなか会員証が届かなかった方。 住所が間違っていたために会員証が送り返されてきた方。等のいろいろな不具合がおきています。 皆さんも入会の際には十分お気を付けくださいますよう、お願い申し上げます。
※メールにて入会申し込みを頂いても、年会費の入金をもって「入会」とさせていただきます。